読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【生理】から心と身体を解放するsalon『anne』

生理マニアのカウンセラーが、毎月くる【生理】から心と身体の声を聞きながら、より良い『私』になる方法をお伝えしています。

学ぶ事よりも、体感する事の方が何倍も経験値になる。

こんにちわ。 

パートナーシップカウンセラー

あおき きよ です。

 

 

 

世の中には色んな方が、

色んな方法を教えてくれています。

 

今の時代、ネットの普及により

欲しい情報が手軽に素早く、

自分の手元にやって来ます。

 

本当に便利で有難い時代ですね。

 

 

 

 

私は基本的に魂がフワフワしている人間ですが、

少し前まで『知識』を得る事に躍起になっていました。

 

 

『知識』は言わば【武器】です。

知らないより、知っている方が

色んな方法を試す事が出来て、

自分の望むものを手にするには、

とても便利です。

 

 

しかし私が今までかき集めた『知識』は、

どんな役割があったのか?振り返ってみた所、

驚く事に

 

『ただの言い訳』

 

としか使っていませんでした。

 

 

 

私は間違っていない。

私は正しい。

相手が間違ってる。

相手のせいだ。

相手に問題がある。

 

 

自分は知っている、分かっている、理解していると思いたくて、

 

自分は正しくて、間違っていないと思いたくて、

 

相手に非がある、相手の心や考え方に問題がある『証明』として、

 

それはもうぼろ雑巾のように使い古していました。

 

私を幸せにする為に使ってはいなかった。

 

 

 

 

『知識』はただの【道具】です。

 

持っているだけでは意味がありません。

 

その【道具】を使う事で、

その力を発揮します。

 

 

【道具】は使ってナンボ!

ノー味噌の中に直しているだけでは勿体ない。

 

人にそれを提示しているだけでは意味はない。

 

 

 

それ『強がる』為に使っていない?

 

 

 

 

『知識』は自分を幸せにする為のツール。

 

自分だけの幸せを現実にする為のツールです。

 

 

学んだことを実際にやってみて、

その結果を見ながら修正して、

自分がイメージしている幸せに近付ける為にある。

 

 

 

子どもの頃、

ちょうちょ結びを教えて貰ったことありますよね?

 

結び方を学んだだけ、知っただけで、

どんな意味があるのでしょう?

 

教えてもらって実際に結びませんでしたか?

 

結べるようになるまで、

何度も練習しませんでした?

 

本や大人のように結べなくても、

自分で結べた事が嬉しくありませんでした?

 

 

 

ちょうちょ結びと同じなんです。

学んだだけ、知ってるだけ、理解してるだけでは、

本当にちょうちょ結びは結べません。

 

 

実際に結びもしないのに、

結べないって当たり前じゃない??

 

 

人に教わっても、

本で学んでも、

 

学んだことを実践しないと何も始まらない。

何も変わらない。

 

学んだからといって、

一度で出来るようになる訳でもない。

 

 

 

ただひたすら、

ちょうちょ結びが出来るまで、

何度もやり続けるだけ。

 

やっている内にコツやアイデア

自分だけの方法が見付かる。

 

その方法を伝えるときに、

学んだ『知識』が役に立ってくる。

 

 

とりあえず、学んだことを

自分で理解した形で実際にやってみる。

体感してみる。

 

 

それが『知識』を得るより大切。