読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【生理】から心と身体を解放するsalon『anne』

生理マニアのカウンセラーが、毎月くる【生理】から心と身体の声を聞きながら、より良い『私』になる方法をお伝えしています。

【生理】と『感情』の関係性①

布ナプキン作家で生理カウンセラー、『子宮』リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

布ナプキン作家で生理カウンセラー、『子宮 』リーディングヒーラーなのに、

全くそう言う関連の記事を書いていない私……。

 

仕事する気ないのか?って感じですが、

私の考え方の中心にあるのは『感情』なのですね。

 

人間が人間として存在しているのは『感情』を感じているから。

とさえ、思っています。

 

ですので、布ナプキンやカウンセリング、リーディングを宣伝するよりも、

自分の『感情』に興味を持って貰うことの方が私にとっては重要です。

 

布ナプキンもカウンセリングもリーディングも、

全ては自分の『感情』に気付く切っ掛けであり、アイテムの1つに過ぎないのです。

 

 

さてさて、10個以上の記事を書き、

少しでも自分の『感情』に興味を持っていただいた上で、

【生理】との関係性を書きたいと思います。

 

女性は毎月来る【生理】の状態はいかがでしょうか?

男性はパートナーや友達、兄弟や母親の【生理】の状態はいかがでしょうか?

 

女性にとっては当たり前な程に身近な物ですが、

男性の殆どは『他人事』だとお考えの方が多いのではないでしょうか?

また、ご機嫌はすごぶる悪くなったり、

体調が悪くなったり、どう接したらいいか分からなかったり、

迷惑な期間だ!と思っていらっしゃる方も少なくないのでは?

 

 

女性の【生理】を知ることは、

女性そのものを知ることですので、

そして自分を知ることにも繋がります。

それは、パートナーシップの基本でもあります。

 

現代の女性の多くは、

紙ナプキンをお使いの場合が多いのですが、

布ナプキンや経血カップもある中で、

なぜ紙ナプキンを選ぶのか?をお考えになったことはありますでしょうか?

 

手軽さや楽さで言えば、

圧倒的に経血カップは楽ですし、

温かさや生理の辛さ軽減ならば、

圧倒的に布ナプキンの方が楽です。

 

しかし、多くの女性が選ぶのは『紙ナプキン』

 

紙ナプキンの原料は『石油』です。 

科学的に繊維上にし、漂白した上、吸水性を持たせるために中にポリマー(化学物質)を入れているのが紙ナプキン。

 

石油系化学物質や科学薬品は身体を冷やす。

冷え性の方は『布ナプキン』を使うことで改善していく場合が多いのですが、

中々布ナプキンに踏み切る方は多くありません。

 

それはね、面倒だから。

現代社会は『女』に優しくない社会。

自分の体や心を優先して生きていくことを良しとしない社会だからです。

 

そして女自身も、

自分の身体や心に優しくないのです。

現代を生きていく上で、

自分が女であることが不都合だから。

 

【生理】の時は無理をせずに、 

休むことを選ばずに、痛み止めを飲み、

体調が悪くても必死で我慢して、頑張ります。

 

何のために体調が優れない中、我慢して、頑張るのでしょうか?

それは『お金』も貰うときの気持ち。にも書きましたが、

そうしないと『お金』は貰えないと思い込んでるからです。

 

その気持ちが【生理】を辛いものにしているのですが、

右を見ても、左を見ても、母親や姉妹、友達を見ても、

【生理】は辛くて当たり前。

【生理】は不快なもの。

【生理】は我慢するもの。

【生理】は汚いもの。

【生理】は恥ずかしいもの。

と言う考え方が普及していますので、

『この程度の辛さなんて……』と思ってしまいますし、

『生理が辛い』と言う言葉を聞くと

『我慢が足りない。』

と言う考え方になってしまいます。

 

ですので、

そもそも【生理】は辛いけど

『改善するため』の行動は取らない方が多いのです。

 

痛み止めは一時的に痛みを感じなくしているだけで、根本は変わっていませんし、

漢方などはゆっくり『改善していく』事が目的ですので、

本来は漢方を使いながら生活を改善する事を目的としています。

 

薬さえ飲めば、『治るもの』では全くない。

 

結局、【生理】を楽にするのは自分で『改善』させていくしかありません。

 

 

ではでは、どうしたら改善していくのか?

は次の記事にて♪ 

 

私、疲れちゃった♪

 


f:id:kikyo130781:20170308203125j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やりたいことをやる』のって、恐いと思っても仕方ない。

布ナプキン作家で生理カウンセラー、『子宮』リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

昨日、朝起きたらね、

『あ!学校作りたいなぁ~~(*´ω`*)』

と思いまして、

Facebookにその事を書くとね、

『やろう!』

と言ってくれたり、

『面白そう!』

と言ってくれたり、

『私も同じ事考えてた!』

と言って貰いまして、

 

私、その気になりました!!

 

作ろう!学校を!?

みんなで作っちゃおう♪

方法なんて山ほどある!

みんなで考えたら、素敵な素晴らしい学校が作れる!

 

 

私、アイデアマンで夢想家ですので、

思い付くの得意です!

色んなルートを導き出すのも得意ですし、

人の特性を見抜くのも得意です。

 

でもね、形にするのはどうも苦手。

途中でやらなくちゃいけない!

と必要以上に頑張ってしまいますし、

みんな、楽しくなってもらいたいから

私、ついつい我慢してしまいます。

 

そしてたどり着くのは『結果』を追い求める。

 

その頃には私が『楽しくない』状態。

人が満足するものを作り上げることに必死で、

自分が楽しむことすら忘れてる。

楽しくないと思うことも許せてないから、

笑顔を顔に張り付けて、

せっせと作業する毎日。

 

心も身体も疲れ果てて、辞めたいと思ってる気持ちを押さえ込んで、

やりたいことをやってるんだ!と言い聞かせて頑張る。

 

初めはワクワクしてたのに、

私、一人で頑張って、

私が作り上げたもので人を満たそうとして、

結果、人から苦情が出る。

 

『思っていたのと違う』

 

頑張って頑張って、疲れて、途中で辞め事になると………

 

『人を振り回すだけ振り回して、ほっぽらかし』

 

それをもう体験したくなくて、

やりたいことを見付けると

光の早さで不安感が襲います。

 

その主になるのが『お金』

 

人に『お金』を支払わせずに、

自分が出来るだけ沢山『お金』出して、

更に人に『お金』を渡せるシステムを作ろうと必死で作ってたからなんですね。

 

自分に『お金』が無かったら、

支払えないことが申し訳なくて、

代わりに人の何倍も働く。

 

『お金が欲しい!』心理の人の多くは、

自分は出来るだけ『お金を出したくない!』と思ってましてね、

それでも棚からぼたもち的に『お金』を貰おうとする方が多くいらっしゃいます。

 

私、そう言う深層心理の部分をキャッチする能力が多大にありまして、

『私が人のために頑張らなくちゃ!』

になってしまうのです。

 

私が人の何倍も動いて、

人の何倍もお金を出して、

人のために尽くして、

人にお金の『循環』させなきゃいけない。

 

人が出来るだけ楽をして、

満足させなきゃいけない。

 

それが『当たり前』になってました。

 

『当たり前』だけど、実は『不満』

 

私、これだけ頑張ってるのに

あなた、それを美味しく頂いてるだけなのに、

何で私に文句を言うの?

 

それが寝る前にパートナーに対する怒りとして出てきました。

 

イチイチお金を要求されると腹が立つ!

 

気付いていたんです。

ちゃんと動いた分、やった分、お金を請求しなさい。

と私が『私』に言ってる………。

 

人に何かを教える時も同じなのです。

 

学びたいと言ってる人に、

自分の持ってる知識を渡すときも、

ちゃんと対価を要求する。

 

私の持つ知識が欲しいから、

私のところまで来て。は、

私が差し出しすぎてる。

 

交通費と飲食代だけでもちゃんと要求する。

それで初めて対等に近付くんですね。

 

知識の内容によって、

対等になるのに必要な対価は違いますので、

その辺りは自分で決める。

 

私が過剰サービスをするのが『当たり前』だから、

人は過剰にサービスを受けるのが『当たり前』だと思うわけです。

 

『それは私に私の知識と時間と労働力とお金を、

あなたに差し出せと言っているのですよ?』

と言える勇気を持つように言われている。

 

やりたいことをやる。

と言うことは、古い価値観を持っている限り、怖くて踏み出せない。

 

その怖さを持ちながら、

価値観を書き換える意識と、

それでも私はやりたいことをやる。と決める。

 

私が乗り越えるものは、

冷静に差し出すものは何かを見極めること。

それによる対価を請求すること。

 

嫌われるんじゃないか?

怒られるんじゃないか?

イヤな顔されるんじゃないか?

 

と言う怖さは、私だけの気持ち。

客観的事実とはまた別のお話で、

相手の気持ちや立場、情況も別のお話。

 

その中で自分はどうしたいか?だけでいいのです。

 

 

みんな、大っっ嫌い!!

布ナプキン作家で生理カウンセラー、『子宮』リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

 

やっと出てきました!

『大嫌い』の感情!

 

この『大嫌い』の気持ち、

とっても大事なんですが、

皆さん、人を嫌いになること

人に嫌いだと言うこと、

人を嫌いだと思うことを『ダメ』なことだと思ってませんか?

 

 

私の両親は、

今思えばあり得ないほど『私の自尊心』を踏みにじっていました。

 

私が私の意思を持つこと

私が私のお金を自由に使うこと

私が私の性を愛すること

 

私が『私で在ること』を許さなかった。

 

それなのに私は両親を心の底から『嫌い』なれませんでした。

 

それは私の両親が、

私が親を『嫌い』なることを許さなかったから。

 

『親』を嫌いになることは、『自立』への道です。

 

見えない『へその緒』を切ることで、

『親』への依存を断ち切ることです。

 

『私の人生は私が生きる』

 

そんな儀式的な意味も実はあります。

それが『反抗期』なのです。

 

私が『反抗期』を迎える頃には、

親の経済面や心理面、現実面で破綻にぶち当たっていた時と被りますので、

親としては私や弟の『反抗期』を見守ることが出来なかったのも事実ですが、

それは親の生き方に色々と穴があったので、

子供の立場からしたら

『親の都合、関係ない』

って言うのが正直なところです。

 

しかし親は親で大変なので、

頼れるところは頼りたいし、

甘えられるところは甘えたい。

 

そう思うのはいいんですよ。

親も完璧ではないのですから。

 

ただね、

親の立場を利用しちゃいけません。

親は『親』と言うだけで、

子どもに太刀打ちできない程の『力』を持っています。

 

親であろうが、

子どもであろうが、

たいへんであろうが、

余裕であろうが、

『当たり前』と思っちゃいけません。

 

親が『親の思う通りの現実』が起こらないからと言って、

子どもに問答無用で押し付けてはいけません。

 

親には親の都合があるように、

子どもには子どもの都合がございます。

 

その都合を『子どもだから』といって、

軽んじてはいけません。

 

そうするとね、

子どもは『自分の気持ち』を押し殺すことを学びます。

子どもは『親を守ること』を覚えます。

子どもは『自分が支えなきゃ』と必死になります。

 

同じように子どもが心配のあまり、

全ての危険から子どもを守ることをしてしまうのも、

子どもの『自尊心』の芽を摘むことになります。

 

子どもがチャレンジすることを学べませんし、

失敗することも学べませんから、

チャレンジすること、

失敗することを怖がります。

 

そして『親が全ての世話を焼く』ことで、

『人は全ての世話を焼くもの』だと学ぶことになります。

 

自分で考えない。

人の言われた通りにしかできない。

それをアレンジ出来ない。

自分のやりたいことが分からない。

人の気持ちが分からない。

人との距離感が分からない。

 

などなど、分からないこと・出来ないことが沢山作られます。

 

人が自分の世話をするのが当たり前なので、

人が何故、自分の思い通りにやらないのか分からない。

人が自分の思い通りの物を用意しないと、

腹を立て、相手を責めたりします。

 

人が自分の世話をするのが当たり前だから。

 

 

親を『嫌い』になることの大切さを少しは理解していただけたらと思います。

私がようやく親も兄弟も『大っっ嫌い!』と思えるようになったのは、

一昨日寝る前に久しぶりに『クセ』が出たからでした。

 

私のクセは本当は『大嫌い!』と思うと、

暗示のように『◯◯大好き』と繰り返し繰り返し、無表情で、無感情で口にします。

 

とっても恐い光景ですよ!

 

その時は大好きな友達の名前を繰り返していました。

何故、その友達の名前を繰り返していたのかも分かっています。

 

その友達が仲間だと信頼していた人たちと

私は新たな試みをしているから。

 

友達にしたら、

私が自分の腹心を奪ったように映るだろうね。

 

その友達のこと、めっちゃ面白くて、

愛が溢れてて、人情に熱くて、クソ真面目で、一生懸命で、不器用で、大好きすぎるほど大好きなのです。

 

でも同時にめちゃくちゃ大嫌いな一面も持ってます。

それをね、今まで認めなかった。

その一面が大嫌いだ!と思う気持ちも許さなかった。

 

その大嫌いだ!と思いを認識する前に、

暗示のように『大好き』と繰り返す自分に恐怖しました。

 

ハッとして、自分の気持ちにアクセスしようとした瞬間、シャットダウン!(笑)

寝てしまった………。

相当、認めるのがイヤだったらしい……(笑)

 

みっちさんの『親を嫌いになりなさい』と言う言葉がずっと頭の片隅にあり、

『親を嫌いになれない』自分がいることを知り、

私のクセが出て、

ようやく『大嫌いだ!』と認められた。

 

友達の何が大嫌いなのか?を探って、

それを許すと、

お父さんと全く同じだと気が付きました。

 

お父さんの『自分勝手』さが嫌いだった。

許せなかった。

 

お父さんの『意思』だけを優先し、

私やお母さん、兄弟の『意思』を亡きものにする『身勝手』が許せなかった。

 

『お前の気持ちだけで、世の中回ってんじゃねぇ~~💢💢』

 

お父さんの大嫌いな一面を持つことを許せると、

お母さんの大嫌いな一面も出て来て、

弟の大嫌いな一面、

妹の大嫌いな一面、

末の弟の大嫌いな一面、

 

そしてパートナーの大っっっっ嫌いな一面にも気付きました。

 

大好きだけどね、

大嫌いな所もあるよ?

 

自分の得意なマッサージを

私にしてくれるも冗談半分でお金を要求するところ、大嫌い。

 

私がお金を使うと家計費からどれだけ使ってるか、イチイチ言うところ、大嫌い。

 

私が当たり前になってるところを指摘するくせに、

自分が当たり前になってるところを指摘すると、

俺の事はどうでもいい。自分の事に集中しろ!と言うところも大嫌い!

 

私のコリがよくほぐれるのは、

パートナーがマッサージしてくれる事だけど、

イチイチお金を要求されると気持ちよく受けられないから、

マッサージのお願いをするのが本当は本当にイヤ。

お金を支払って気持ちよくマッサージされにお店に行こうかと毎回迷う。

 

我慢してマッサージを受けるか、

お金を支払ってマッサージを受けに行くか、

本当にいつも迷う。

 

どんな時もお互い様なんです。本当は。

 

パートナーのマッサージを無償で受けてるけど、

パートナーにオリジナル香水やマッサージオイル、オイルマッサージ、リーディング、イメージングの使い方などなど、

私が出来ることをパートナーに実はしてるの。

しかも無償で。

 

私のリーディングは

マッサージ込みなら一時間1万円

オリジナル香水も1本一万円

マッサージオイルは50mlで6000円

 

それを無償で受けてるの。

 

ね?お互い様でしょ?

 


f:id:kikyo130781:20170308044343j:image

 

『お金』に対する気持ちを変えていく。~実践編~

布ナプキン作家で生理カウンセラー、『子宮』リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

 

お金に対する気持ちを変える方法をお伝えしましたが、

今の現実に支払ってる『お金』を見ることは大切ですが、

支出を見て、その後どうしたらいいの?ってなると思って『実践編』の例を書こうかなと思います。

 

 

『お金』の支出には色んな項目がありますが、

生きていくのに必要な『お金』ってありますよね?

 

住む場所の家賃やローン返済、

快適な生活をするための光熱費、

人や情報の取得の為の通信費や交通費、

食べるための食費、

子供の教育の教育費、

夫のおこづかいは夫の必要なもの。

その他、諸々。

 

収入にあった生活かを見る。

人の数と合ってないほど広い家だったり、

必要じゃないのに一日中付けてる電気だったり、

食べもしないのに腐らせてしまう程の食べ物だったり、

ストックが1つあれば十分なのに買い置きが沢山だったり、

子どもがイヤイヤ行ってる習い事だったり、

夫の言われるがままに渡してる小遣いだったり……

 

よく見てみる場所って実は沢山あります。

 

そのお買い物

本当に欲しくて買ってますか?

見栄で買ってませんか?支払ってませんか?

子供の頃自分が出来なかったことを、

子供にさせてませんか?

無くなると不安で買ってませんか?

使いこなせもしないのに、勢いで買ってませんか?

 

そして何よりも言いたいことは、

『それ、誰のためにお金を支払っているの?』

 

家族や夫や子供や友達の為に支払ってませんか?

家族から不満が出ないように支払ってたり、

夫から文句を言われないように支払ってたり、

自分の夢を子供に委ねるために支払ったり、

友達のお誘いを断り辛くて支払ってたり、

 

してませんか???

 

それ、本当にしたいの?

本当は自分の好きなように使いたいんじゃないの?

 

もし、家族や夫から文句や不満や怒りをぶつけられないとしたら、

あなたはその『お金』をどう使います?

 

もし、自分が子供の頃に戻れてやりたかった習い事を親が『やってもいいよ!』って言ったら、

あなたはその習い事やります?

 

 

あなたが支払っている『色んなもの』から、

あなたがあなただけの為に使っている『お金』っていくらありますか?

 

自分が納得して使ってる『お金』と

自分が納得しずに使ってる『お金』、

別けて見たことありますでしょうか?

 

 

支出を減らすとは、

何でもかんでも減らすだけでいいわけではありません。

 

収入を増やすのも、

闇雲に働きゃいいわけでもありません。

 

あなた、足元を見なさい。

 

我慢して稼ぐ必要も、

我慢して欲しいものを諦める必要も、

実はないんですよ。

 

今現実に入ってくる収入と、

今現在に支払ってる支出を、

まず見ること。

 

見た上で納得していない支出を減らすこと。

 

これだけで、不安は少なくなりますよ。

不安が減ると余裕が生まれます。

余裕が生まれて、

初めて、やりたいことの為に頑張ろう!と言う気持ちになるものです。

 

私は『人の気持ち』を優先させるために、

たくさんの『お金』を使ってきました。

 

ある時はある人の『生活』の為に、

ある時はある人の『見栄』の為に、

ある時はある人の『やってること』の為に、

ある時はある人の『機嫌』の為に、

ある時はある人の『不安を解消』する為に、

ある時はある人の『いい人』の手伝いをする為に、

 

ありとあらゆる『人のため』にたくさんの『お金』を使いました。

 

全ては私の『見栄』『いい人』『不安』『恐れ』の為でした。

 

私、本当は私の思うままに、

思うままの金額を使いたかった。

 

今使える『お金』は今使える分しかない。

その使える『お金』の中で、

使いたい優先順位を決めて使う。

同時に『お金』を増やすために、

『お金』を使う。

 

お金を動かすことで、お金が集まるようにする。

お金に働いてもらって、お金を呼び寄せる。

 

その為にも『自分の気持ち』が大切です。

 

『お金』が欲しかったら、

まず『お金』を使いなさい。

と言うのはそのためです。

 

『お金』に要らない『感情』を乗せない。

と言うのもその為です。

 

『感情』はエネルギー。

『お金』はエネルギー。

 

『感情』×『お金』なのです。

『エネルギー』×『エネルギー』なのです。

 

『お金』対する気持ちを見直す事は、

『貰う気持ち』×『支払う気持ち』×『循環』=今の『お金』

 

『我慢して頑張って人のため』

×

『取られる、奪われる』

×『恐れ、不安』

=下向きのエネルギー(減っていくスパイラル)

 

なのですよ?

 

まずは自分の喜ぶことに少しずつ『お金』を使い、

『取られる』『奪われる』気持ちを減らしながら、

必要のないものに『支払わない』勇気を持つこと。

 

少しずつ『不安』が減り、『余裕』が生まれると、

『貰っている』事へ有り難うの気持ちが生まれてきます。

 

少しずつ『嬉しい』『楽しい』『有り難う』が『循環』していきますから、

思いもよらないところから『お金』に繋がる何かがあなたの目の前に現れますよ♪

 



f:id:kikyo130781:20170308011429j:image

3月16日(木) 10時から私の愛するパートナーと漫才しながら、

『パートナーシップ』の講座を開催します。

詳細はこちら!

https://www.facebook.com/events/273156639779529/?ti=cl

3月23日(木)15時から

京橋のカフェ シアンさんにて『布ナプキンの体験ワーク』を開催します。

詳細はこちら!

https://www.facebook.com/events/1095294297265262/?ti=cl

 

 

 

『お金』に対する気持ちを、チェンジする方法。

布ナプキン作家で生理カウンセラー、子宮リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

『お金を貰うときの気持ち 』

『お金を支払うときの気持ち』

『既にお金の循環はなされている』

『お金と人間関係』

 

ときましたので、

本日は『お金』に対する気持ちを変えていく方法のお話をしたいと思います。

 

皆さま、『お金』欲しいですよね?

 

自分の手元に『お金』が集まるのには段階があります。

 

自分が集まり、

情報が集まり、

人が集まり、

物が集まり、

お金が集まる。

 

それには、

自分が変わり、

情報が変わり、

人が変わり、

物が変わり、

お金を変えていく必要があります。

 

 

自分が変わらなければ、

お金が集まる方法が変わらない。

つまりは、『今起こってる現実』が集まり続ける。

『お金が欲しい!』と思ってるのは、

お金がない!』って思ってるから、

ですので『お金がない!』が集まる。

『またお金を支払わなくては……』が起こったり、

『お金が減った……』という現実が起こります。

 

例え、仕事の方法を変えたり、

仕事を変えたり、

付き合う人を変えたとしても、

根本が変わってなければ同じことが繰り返される。

その度に不満を抱えながら、

人を変え、

仕事を変え、

環境を変え続けます。

 

根っこにあるのは『自分は何も変わってない』ってこと。

行動や環境や人だけを変えてるってこと。

外側を変えてるだけなんですね。

 

ですので、

私が色んなお話や持論を展開しますが、

全ての共通項は『自分自身を変える』

 

自分のどんな感情も人任せにせず、

自分で認めて、受け止めて、許す。

それが自分に対する『責任』と思ってます。

 

ですので、『この責任どうするねん!!』とよく人は言いますが、

『しらんがな!』と言うのが私の素直な気持ち。

 

あなたが選んだ選択は、あなたに責任がある。

私が選んだ責任は、私にある。

 

例え、それで人を巻き込んだとしても、

それに巻き込まれることを選択したあなたの責任。

思うような結果が生まれなかったとしても、

それもあなたの責任。

あなたはあなたの望むような形になるように、

どれ程努力しましたか?

それを人任せにしてはいませんか?

 

 

 

この『人任せ』が今回のお話の中心になります。

人が変わるのは『自分が変わりたい!』と思ったときだけです。

『人が自分を変えてくれた!』はただの切っ掛けに過ぎません。

 

『人が自分を変えてくれた!』と思っている以上、

『人が自分を変えるもの』と思い込んでしまいます。

 

ですので、

『思うような自分』になれなかったら人のせいにします。

 

セミナーや自己啓発に通いまくる人に多いパターンですね。

『この人が私を変えてくれる!』と同じ人の講座を何度も受けに行く。

 

『思ってるほど良くなかった』は、

『私が変わるような情報がない』

 

『そんなこと既に知ってる』は、

一方向の物の見方しかしていない。

 

どれにも共通しているのが、

『自分を変えるつもりがない』ってこと。

 

自分が変わってたら、

同じようなセミナーに行ってないし、

同じ人のお話を聞きに行かない。

更に『現実』は既に変わってる。

 

それでも満足しないのは、

『満足したくない』から。

それでも変わらないのは、

『変わりたくない』から。

 

それに気付くだけで、自分の中に答えはある。

今まで蓄えた『情報』の見え方が変わり、

人との関わりが変わる。

セミナーや自己啓発、その他の色んな『物』や『事』の受け方や差し出し方が変わる。

 

そして『お金』に対する気持ちが変わっていきます。

 

私が思っている事はただ1つ。

『お金が欲しい』なら、

『今の支払い方』をしっかり見ること。

 

その『お金の支払い』本当に必要?

 

お金を稼ぎに行く前に一度立ち止まることをオススメしています。

今、支払ってる『お金』の中で払いたくないと思ってるものどれくらいある?

 

例えば、友達だから……で行ってる・受けてる何かに対する『お金』

子供の習い事もそうですし、

夫のやりたいこともそうです。

 

自分以外の人のために行ってることを

まず本当に必要か見てみる。

 

たまにケチになればいいんだと思う方がいますが、そうではありません。

 

それは『自分だけ』が使いたい、

『人には』使わせたくない。

『自分の思うように』使いたい。

って気持ちで人にお金を『取られる』意識が強いだけ。

 

そうではないのですよ。

 

必要のない支払いを止める。

その分のお金を自分が喜ぶものに使う。

 

それが『気持ち』の切り替えです。

 

 温泉に入りたくて、プラス少しだけお金を支払うことでご飯もついてきて、身体も心も満たされる♪
f:id:kikyo130781:20170307153101j:image

 

お金の受け取り・支払い方は『人間関係』の縮図。

布ナプキン作家で生理カウンセラー、子宮リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

 

皆さま、お金と人間関係がイコールで繋がっていたら、どうしますか?

 

お金と情報の関係がイコールで繋がっていたら?

 

お金と愛がイコールで繋がっていたら?

 

 

『お金』は目に見える【人間関係】の縮図だとしたら、貴方はどうします?

 

『お金』って人が運んできますよね? 

いきなり魔法のようにボワン!って出てくることないですよね? 

 

何かしら『人の手』から受け取り、

何かしら『人の手』で支払われている。

 

『情報』も人が運んでくるのを知っていますか?

人が話したり、

人から聞いたり、

人の本やblogやニュースなどから仕入れていますよね?

 

もちろん『愛』もそうですよね?

人から愛を受け取ったり、

人に愛を注いだり、

動物や植物・星や月や海に山……

そう言ったものにも人は愛を受け取りますし、

人は愛を注ぎます。

 

全ての事柄は必ずといっていいほど

『人』が絡んでいます。

 

そして誰しも欲しがる目に見えるもの。

それが『お金』

 

この『お金』に対する気持ちは、

人に対する気持ちです。

 

 

『お金を貰うときの気持ち』 

『お金を支払うときの気持ち』

『お金は常に循環している』 

 

を書きましたが、

Facebookでいいねやコメントの数、

blogをシェアしてくださる数、

圧倒的に『お金を支払うときの気持ち』が多かったのです。

 

これ、何を表しているのかと言うと

人は『循環』する事より『受け取る』事に興味があって、『受け取る』事を欲してる。

 

『受け取る』事より『支払う』事の方が興味があって、『支払う』事ばかり考えてる。

って事です。

 

お金を循環させたい!

と言いながら、

心は『支払いたい!』と言ってる。 

 

お金を受け取りたい!

と言いながら、

心は『支払いたい!』と言ってる。

 

お金に対する気持ちをお聞きしましたが、

その気持ちで『支払いたい!!』と言ってる。

 

皆さま、あなた方の心は

『お金を奪われたい!!』 

とおっしゃっているおるのですよ??

 

あなた方がお金の奪われ方、奪う人を決めて、

そう言う人が現れれば無意識は大喜びでお支払しています。

そして、『また奪われた!!』と言う気持ちを美味しく頂く。

 

それは何故でしょうか?

『奪われる』事で発生する気持ちを感じ続けたいからです。

 

その気持ちを味わったら、

次は『お金』を受け取りに出掛けます。

 

そちらも『お金を受け取る気持ち』で受け取り方と受け取る相手を決めてます。

そう言う人が現れれば無意識は大喜びで、

せっせと受け取るために必要なことを思考に指令を出します。

『我慢して、頑張って、人が満足するように』と精一杯頑張ります。

 

受け取るためにあらゆるエネルギーを使いまくって、お金を受け取る。

 

それがね、キレーに『循環』してる♪

あなた方がそう望むから♥ 

何度でも、何度でも、あなた方が『満足する』まで続きます。

 

 

これね、お金だけでなく『情報』『愛』『パートナーシップ』『人間関係』も同じルールの中で『循環』してるんですよ?

 

例えばね、人から何かを教わったとしましょう。

『お金を受け取る気持ち』で『情報』も受け取ってます。

また『お金を支払う気持ち』で『情報』も差し出してます。

 

あなた方が『お金を受け取る時の気持ち』が、

『我慢して、頑張って、人のために尽くす事で貰える』と思っているのだとしたら、

選択する『情報』は、

『我慢して、頑張って、人のために尽くす』やり方の情報を受け取る。

 

楽しく、楽して、やりたいことだけやる、人を頼って、甘えるやり方の『情報』は受け取らない。

だって要らないんだもん!

そんな『情報』は都合が悪いから迷惑!

そんな人とは距離を取ったり、

相手を責めたりして排除しようと頑張るんですね!

 

同時にね、『お金を受け取る』時は、

誰から受け取るかも決めています。

 

自己犠牲を要求する人からだったら、

あなたが幸せになる情報は受け取らないして、

自分の意思で何かをすることを認めてもらえなかったら、

あなたを認めてくれる情報は受け取らない。

あなたが全てのお世話を焼かれてきたなら、

自分のお世話をしてくれない人のアドバイスは受け取らない。

 

『愛』に対しても同じです。

 

『情報』や『愛』を差し出すときは、

『お金を支払う時の気持ち』と

『お金を支払う人』に差し出し、

それ以外の人には差し出しません。

 

『お金』は全ての事柄に通じています。

全ての事柄は『お金』に通じてます。

 

それは全ては『繋がっている』から。

 

そうそう!

私の判断基準の1つにこう言うものがあります。

 

『あなたの願いを叶えてあげると言ったら、何をお願いしますか?』

 

宇宙や神様に委ねるって答える人は信用しません。

 

それはね、

その人は『人を信じていない』から

それ以上に『自分を信じていない』から

そして宇宙や神様、目に見えないものも

実は『信じていない』から

 

それは『人に信用されたくない!』と言ってる。

『あなたを信用しない!』と言う人を信用している。

ですから、私はそう言う人を信用しません。

 

本当に宇宙や神様に委ねられる人は、

全てに自分を委ねられます。

自分にも、人にも、です。

 

目に見えないものに『委ねる』前に、

自分に委ねて、人に委ねて、そして最後に目に見えないものに委ねましょ♪


f:id:kikyo130781:20170306033642j:image

 

『子どもたちの為の女の身体と生理と性』のお話会。

布ナプキン作家で生理カウンセラー、子宮リーディングヒーラーの あおき きよ です。

 

 

今日は私の講師デビューの日でございました。

有り難いことに満席です。

そして『子どもたち』とお母さんに伝えたかった。

それも叶いました。

本当にご参加いただいた皆さま、有り難うございますm(__)m

 

半数以上が子どもたち。

『何のこっちゃいな?』

でいいのですよ!

理解できなくてもいいのですよ!

子どもたちの中で、

『子宮』は【子供】を育て、生み出すだけでなく、

自分の【願い】も育て、生み出すんだ。

と言うことだけが、心や頭や身体の一部に記憶されるだけで十分なのです。

 

何故なら、『子どもたち』は既に知ってるから。

小学生に上がる頃になると、

親だけでなく、その他の大人たちや友達たちと、

子供の世界の『社会』と言うものを学び、作っていきます。

 

元々知っていたものが、他者と関わることで

どんどん上書きされていき、

自分の理想の世界を作りにくくなっていってしまう。 

 

それを今一度、身体の細胞の何処かへ呼び戻させる、再起動させるスイッチの役割を果たしてくれたら……と思っております。

 

今すぐ目覚めなくてもいい。

必要な時期にそのスイッチを無意識に押してくれたらいい。

スイッチが押されたとき、必要な情報に気付きやすくなったらいい。

 

元々知っていたものを、思い出すだけ。

子どもたちの再起動ボタンのような存在でありますように……。

 

とても楽しい一時でした。

お話会の後は、我がパートナーが美味しい中華を作ってくれて、ランチ会を開催しました。

 

来月も【子どもたちの為の女の身体と生理と性】のお話会を開催致したいと思っております。

今度のお話は『生理』を中心に展開していきます。

 

そして4月の後半は『作りたい現実の作り方』を少人数制で講座を開催いたします。

場所は大阪の中崎町あたりを考えております。

 

4月の半ば辺りには『パートナーシップ』の講座と『お金』についての講座も企画しております。

 

4月の頭は『子どもを信じて任せる子育て論』のお話を、子どもを持つお母さんや子供が欲しいお母さん向けの講座を開催します。

場所は兵庫県武庫川団地内の公民館を考えています。

 

更に更に!

4月はサロンを開きます!

アロマオイルリーディング、子宮リーディング、指圧マッサージ、指圧と子宮リーディングのタイプを準備しています。

 


f:id:kikyo130781:20170305235837j:image